プライバシー保護に最適?ガラスフィルムのメリットや注意点を学ぼう!

ガラスの強度向上に役立つガラスフィルム

ガラスフィルムは窓ガラスに貼り付けることで防犯性を向上できる効果があります。防犯フィルムの名称で販売されている物は衝撃を吸収する作用があるので、強く叩いてもガラスが飛散しません。また、非常に大きな音も生じるので空き巣の侵入を防ぐことができます。防犯性の高いガラスとして強化ガラスが挙げられますが、高額なので買い替えは容易ではありません。その点、防犯フィルムならガラスを買い替えるよりも少ない出費で家の安全を守ることができます。すりガラスのような目隠し効果のあるフィルムも販売されているので、防犯性を保ちながらプライバシーを守ることも難しくありません。

熱割れのリスクを把握することが大切

ガラスフィルムは防犯性向上やプライバシー保護に役立ちますが、一方で熱割れのリスクが増大するのも事実です。熱割れは急激な温度変化によってガラスが膨張し、遂には割れてしまう現象です。窓ガラスの場合、汚れの付着や水濡れなどで部分的に温度差が生じると膨張の程度が異なり、熱割れが発生します。ガラスフィルムの貼り付けでも同様の現象が起こるので日差しの当たる時間や方角に注意しなければいけません。フィルムのシワや弛みは部分的な温度差の発生原因になるのでしっかりと貼り付けます。素人作業ではフィルムの貼り付けでミスが生じやすいので専門業者に任せるのが無難です。また、吸熱性のあるフィルムは急激に温度が上昇するので特に注意が必要です。

網入りガラスは元々、熱割れのリスクが高いのでガラスフィルムは貼らないのが賢明でしょう。

自動車にも専用のガラスフィルムが用いられることがあります。サイドガラスなどに貼ることで車内に入る有害な紫外線を防止する効果が期待できます。