社員研修を効果的に行うためにはどんな方法があるか

一方的な講義や説明だけでなくグループワークも不可欠

社員研修を受けた人が日々の業務の中で研修の成果を生かすためには、経営者や人事担当者、各部署の管理職が話し合って意義のあるプログラムを作成することがとても大切です。また、研修担当の講師による一方的な講義や説明ばかりでなく、研修の参加者同士が主体的に取り組めるグループワークを採用するのもポイントです。最近では、研修の参加者の年齢や職種などに適したグループワークの取り入れ方について、様々なビジネスに関する専門誌やサイトなどで紹介されることがあります。そのため、理想的な形でグループワークを実践するうえで、余裕を持って信頼のできるメディアを活用しながら計画を立てることが大事です。

研修のテーマによっては外部講師の活用も検討しよう

社員研修のテーマによっては、社内に適当な講師役が見つからなかったり、研修の方法を考えるのに時間が掛かったりすることがあります。こうした問題を解決したい場合には、テーマに応じて外部で活躍している人材を講師として招き入れるのがおすすめです。企業研修の仲介をしている専門の業者の中には、様々な分野の文化人や研究者のプロフィールをオンライン上で掲載しているところが少なくありません。そのため、外部の講師に任せるうえで、余裕を持って様々な業種の企業から高く評価されている人材について調べたり、仲介会社と交渉をしたりするのが有効です。その他、多忙な講師に研修をお願いする場合には、少なくとも数か月以上前から打ち合わせを始めることが大切です。

社員研修は、仕事に必要な知識や技術を身に着けさせたり、参加者同士のコミュニケーションを活発化したりする効果が期待できます。