どんな点に注意が必要?太陽光発電導入のポイント

パネルを設置する場所と方角

太陽光発電は文字通り太陽から照射される紫外線をエネルギーとして蓄えて電力として使用する形となります。紫外線の吸収量がそのまま蓄電量に反映される仕組みです。そのため、適当にパネルを設置してしまうと十分なエネルギーを蓄えることができなくなります。設置をする時は1日の太陽の動きと日差しが当たる方向を考慮しなくてはいけません。太陽光発電というと戸建て住宅の屋根に設置するイメージを持たれがちですが、小型のパネルを使えばマンションのベランダでも設置できます。その場合、パネルによってベランダの利用スペースが少なくなってしまうので注意が必要です。

設置やメンテナンスに掛かる費用

次世代のエネルギー自給方法として注目を集めている太陽光発電を利用する上で注意しなくてはいけないのが費用です。地域によっては自治体から補助金が支給されますが、パネルの大きさや広さで100万円近く掛かるため、個人としての出費は大きくなります。設置したらそれで終了ではなく、長く使い続けるために定期的なメンテナンスや必要に応じて修理も行わなければいけません。

利用をする場合は、複数の業者から見積もりを取って比較検討をすることが大切です。設置の費用が高めでもメンテナンスの費用が安ければトータルの出費を抑えることはできます。安さを重視して中小規模の企業を選択した結果、経営難による倒産でメンテナンスが受けられなくなるというケースも少なくありません。企業の安定性も大事なポイントです。

太陽光発電の価格は、ソーラーパネルによる日々の発電量だけでなく、実際に契約を結ぶ電力会社との交渉にも大きく影響されることがあります。