適性検査を選択するときの考え方について知っておこう

どういった能力を持つ人材が欲しいのかを明確にする

自分の会社へ入社を希望する学生が自社にとって必要な人物であるかどうかを見極めるために多く用いられる方法の1つが適性検査です。採用試験には一般的な筆記試験も用いられますが、それだけは学生の学校で学んだ学力しか知ることができません。しかし、適性検査を用いることによってその学生がどういった思考を持っていて、どういったことが得意なのかといった本質をある程度見極めることができます。とはいえ、適性検査と一口に言っても世の中にはさまざまな種類の適性検査があり、この適性検査を選べば間違いなく欲しい情報が手に入るというものはありません。そのため、適性検査を用いる際はどういった能力を持つ人材が欲しいのかを明確にして活用する適性検査を選ぶ必要があります。

具体的な適性検査の選び方

どういった能力を持つ人材が欲しいかを明確にできれば実際に用いる適性検査を選べる訳ですが、例えば心理テストも無数に種類があります。その中から実際に使用するテストを選ぶには問題の内容などを1つ1つチェックしていく必要があるでしょう。問題数が少なすぎると欲しい情報が十分手に入らないですし、逆に多すぎると問題を解く側も採点をする側も負担が大きいです。また、問題数がいくら多くても測定したい性質がきちんと測れないような内容では意味がありません。そのテストを実際に行った人の結果が分かるようなサンプリングデータが存在するかどうかも適性検査を選ぶ際には重要なポイントとなります。

職業や学科などの専門的な活動への素質の検査を指します。その多くは就職試験で行われ、受験者の能力や性格の判定、採用の判断材料になります。社会人としての教養や知識力を適性検査を通して、診断します。