やる気があれば誰でもできる!?自営業の始め方

自営業になるのは簡単

「自営業になりたいけど何から始めたらいいか分からない」と思っていませんか。難しい手続きが必要なのか、コンサルタントに相談した方がいいのか、いろいろ悩んでしまうこともあるでしょう。自営業を始めるのは実はとても簡単です。必要書類を税務署に提出するだけで、誰でも自営業を始めることができます。

自営業を始めるために必要な書類とは

開業して1ヶ月以内に個人事業の開業廃業等届出書を税務署に提出します。これが一般的に言う開業届になりますが、この書類を提出すれば自営業者として開業することができます。また、自分1人で仕事をするのではなく、家族にも手伝ってもらおうと考えている人もいるでしょう。その場合は、青色申告承認申請書を提出すると家族の給料を経費にすることができます。

自営業を始めるには計画性が大切

開業届けを出せば、誰でも自営業になれます。しかし、利益を生まなければ事業を続けることはできませんよね。自営業はサラリーマンのように時間に縛られることなく、自分で好きなように働けるというメリットがありますが、収入は自分の力量次第になります。自営業で収入を得ていくためにはどんな事業で利益を得るのか、資金はどのぐらい必要かなどの計画を立てることが大切です。

自営業になる前の資金確保は重要

自営業になると、ローンやクレジットカードの審査が通りにくくなるのをご存知でしょうか。融資を受けるには安定した収入が条件になります。自営業を始めても、軌道に乗るまでは収入がゼロになる可能性がないとは言えません。そうなれば生活が苦しくなるだけでなく、資金繰りも厳しくなってしまうでしょう。そんな事態を防ぐためにも、自営業を始める前にある程度の資金を確保しておくことが大切です。

フランチャイズとは、事業者と加盟店が契約して開業する仕組みです。事業者は自社のロゴや商品、経営のノウハウなどを加盟店に提供します。加盟店はこれらの対価として、ロイヤリティを支払います。