営業部を無くせる?営業を専門会社に委託してみよう!

自社の営業をアウトソーシング

商社などは商品を仕入れて販売をするビジネスですから、営業ノウハウがその会社のビジネスの中心と言えます。一方、メーカーは材料を仕入れて付加価値のある製品を作り、それを販売するビジネスでいかに良い製品を開発し作るかがビジネスの中心になるでしょう。もし販売する営業部の効率が悪いとせっかく良い製品を持っていても会社の業績は良くなりませんが、営業アウトソーシングを利用すると良い製品を効率的に販売してもらえます。依頼をすると販売に関するすべての業務を行ってもらえるのがメリットです。基本的には営業業務全般を請け負ってもらうことになるため、経営戦略の重要部分である販売戦略の委託も可能です。特に技術者が多くて販売力が弱い会社が利用すると良いでしょう。

営業アウトソーシングで人件費を変動費化

会社の経費には変動費と固定費があり、費用が売上に応じて増減するか売上に関係なく発生するかで区別されます。社員に払う給料は人件費になりますが、営業社員の給料は変動するものもありながら固定費的な要素が強くなりがちです。業績の変動が激しくて人件費が重荷になっているなら、営業アウトソーシングサービスの利用を検討してみましょう。利用時の費用の掛かり方はいくつかあり、完全固定制や完全変動制、さらに固定制と変動制を組み合わせたプランも用意されています。完全変動制は売上に応じて費用も決まるので、営業に関わる人件費を変動費化できるでしょう。人件費を変動費化すると売上による利益の変動が少なくなるので、会社運営がしやすくなるかもしれません。

自社の従業員だけでは営業力が弱いとき、営業代行を利用します。自社に優れた商品があるときは特に貴重な存在となります。