新人研修だけではない!?社員研修の種類や目的などは?

まず必要なのが新人研修

企業に就職すると、まず受けるのが「新人研修」です。また、研修期間や研修内容は企業によって異なることも少なくありません。オフィス内で行うほか、泊まり掛けで研修するところも存在します。新人研修では、仕事に必要なノウハウを学べるほか、現場で実習する機会も得られます。もし、研修中に疑問や不安を感じたときは、まわりの先輩に遠慮なく聞くようにしましょう。

中堅社員研修や管理職研修もある

同じ職場で働くうちに、役職が付くことも少なくありません。役職が上がるにつれて、仕事に必要なスキルだけでなく、部下をまとめるなど中堅社員や管理職としてのスキルも不可欠になってきます。このような背景もあり、中堅社員研修や管理職研修は自分の器を大きくするための貴重な研修と言えるでしょう。既に仕事現場を経験しているだけに、学ぶべき課題もわかりやすくなります。また、積極的に学ぶ姿勢が必要だと知っておきましょう。

商品に関する研修など

商品販売を手掛ける企業では、その内容を把握するための事前研修が不可欠になります。お客様の質問に的確に応えられるためには、社員自らが商品に関する豊富な知識を習得する必要性がでてきます。研修を受けることで、お客様に勧める商品に自信を持つことにもつながります。研修の種類によっては苦手意識を持つ人もいるかもしれませんが、自分を高められる大きな機会になると前向きに捉えましょう。また、研修は新人研修だけでなく、ずっと続くものだと認識することが大事ではないでしょうか。

管理職研修の内容や目的は階層によって異なり、新任の場合は業務の上で必要となる知識や部下の育成について学ぶことを目的に行われます。