法人向けパソコンの選び方!必要最低限のスペックとソフト!

必要最低限のスペックは必要

法人向けのパソコンは必ずしも高性能のものを選ぶ必要はありません。必要最低限のスペックでも十分に仕事で役立ちます。高性能のスペックが必要なのはパソコンを開発などで使う場合などです。パソコンがメインの仕事をしていないのであれば、スペックはそこまで重要ではないでしょう。また、高性能になれば価格も上がります。しかし、費用対効果は大きく上がらない可能性が高いです。高性能スペックは活用できなければ意味がないので、法人向けパソコンを選ぶときには高性能を重視する必要はないでしょう。

ソフトは仕事で使うものが入っていることを重視する

法人向けパソコンでは、すぐに使えるように最初からソフトが入っていることが多いです。ソフトを自分でチョイスすることは、ほとんどありません。業者がソフトを選んでインストールした状態で納品されます。そのため要らないソフトが入っていることが多いです。余計なソフトが入っていると、パソコンの容量が減るだけではありません。仕事中に遊んでしまって、仕事の効率を下げる可能性もあります。そのため、ソフトは限定されたものだけをインストールすることが大事です。法人パソコンを選ぶときには、ソフトのチョイスができることも重要なポイントです。また、その時にインストールするソフトは最新版であることも大事です。使うときになって、最新版ではないと分かると、アップデートを自分ですることになります。その手間を考えると、最新版を納品してもらう方が手間が少なくてすみます。

BTOは「Build To Order」を略したものであり、受注生産方式のことです。ユーザーがマウスやメモリー、ハードディスクなどをカスタマイズして自分だけの製品を作れることが魅力です。